プローブ調査 このページを閉じる


プローブ調査とは
 プローブ機器:GPS(全地球測位システム)と連動した機器(車両位置取得装置)を搭載したプローブカー(車両)を運行し、一定時間を経過するたびに車両の現在位置を基地に送信することで、移動距離や移動時間をデータとして蓄積するものです。

プローブ調査の概要
 プローブ調査には、旅行速度調査があります。これは、特定の道路の決められた区間を、車両がどのくらいの速度で走行しているかを計測する調査のことです。
 この交通実態調査を行い、渋滞損失算定及び渋滞要因等分析・検討等に必要なデータ収集を行います。

イメージ
イメージ
GPSを利用して調査を行います


調査員の安全教育を実施
 プローブ調査は、幹線道路を実際に走行し、データ収集するものです。したがって、交通安全の確保は、基本的な遵守事項です。道路の一般走行車から調査車両に対して不快感を持たれてクレームが出る場合もあると考え、その対応等も含めて、調査員に対する教育を重視し、実行しています。

ご協力ください
 当社のプローブ調査車両は、「旅行速度調査中」「法定速度遵守車」「ご迷惑をおかけします」の表示を車両の後部に表示しています。
 渋滞の改善・緩和のためのデータ取得という目的で行う調査です。ご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

イメージ
調査車両の後部表示
イメージ
プローブ機器搭載状況
イメージ
データ取得状況


株式会社測研
E-mail: info@socken.jp
本社
〒370-3517
群馬県高崎市引間町712-2

電話 027-372-6464 FAX 027-372-0303
あがつま事業所
〒377-0425

群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条126
電話 0279-75-5454 FAX 0279-75-6054