株式会社測研 株式会社測研は群馬県の測量設計コンサルタントです。
ホームへ 業務案内 技術情報 企業案内 地域社会活動 リンク集 サイトマップ
業務案内
トップへ ・測量調査  ・情報編集 ・埋蔵文化財発掘調査
設計管理 ・電線共同溝 ・企画管理 ・Webデザイン

測量調査
データ作成の写真
デュアルモニター

測量が支える安全・安心の暮らし
国民生活に必要不可欠な基礎情報を提供しています
・防災対策に必要な地理空間情報を提供
・土地管理に必要な境界データの提供
・道路など社会基盤整備に必要な調査設計基礎データを提供
・電子国土:GISに必要な基盤地図情報の整備と提供


 測量の基本は高密度な三次元座標データを取得し、それらをデータベース化して目的に合わせ、所定のCADデータや図面・書類を作成することです。
 三次元座標データ取得には、GNSS(GPS衛星やGLONASS衛星等から電波を受信して測定)、TS(トータルステーションによる角度と距離を測定)、ドローンを用いた空中写真測量などの方法があります。
 それぞれの利点を活かした測量方法を組合せ、目的に合った精度の成果を提供します。例えば緊急性の高い地すべり対策などにおいては区域全体の把握するためには空中写真測量をもちいて、また高精度を必要とする地すべり動向(変位量)の測定にはGNSS測量やTS測量で行うとよいでしょう。

GNSS:全地球測位システム
 GPS・GLONASS・QZSS(準天頂衛星「みちびき」)等の4基以上の衛星から電波を受信することで、高精度な測位(三次元座標データの取得)が可能です。最近では電子基準点が全国に約1,300基以上設置され、測位精度が向上しました。ちなみに、国土地理院では東日本大震災後、地殻変動の影響により一時測量成果の公表を停止しましたが、その中でも最も早く公表を開始したのは、この電子基準点でした。

CADシステムによる地形測量
 CADシステムによる地形測量は、多くの場合トータルステーションを使用します。当社は、地形測量へのCADシステム活用にいち早く取り組み、多くの実績があります。
 CADシステムによる「三次元座標データ」から作成された鳥瞰図は、多方面から「活用範囲が広がった」、「判り易い」などの高い評価を得ています。

地すべり変位観測もGNSSで
 GNSSによる基準点設置測量を、当社では地すべりの変位量観測に応用し、活用しています。
 命と財産を守り、安全で安心な国民生活確保のための基礎データ取得に、多くの実績があります。


電子基準点の写真
電子基準点
GNSS受信機の写真
RTK-GNSS

GNSS受信機の写真
GNSS観測

トータルステーションの写真
TS

三次元CADデータ
三次元CAD

地すべり変位データ
地すべり変位データ
補償コンサルタント
物件調査の写真

 公共事業に必要な土地を取得したり、建物を移転していただく際に、公共事業の施行者は、土地所有者などに正当な補償を行います。
 損失補償などの算定を、公正に行うための調査が、補償コンサルタント業務です。
 当社は、権利関係の複雑化や住民意識の変化などに対応するために、所有者の方と綿密なコミュニケーションを図り、公共事業の円滑な実施に寄与いたします。



株式会社測研
E-mail: info@socken.jp
本社
〒370-3517
群馬県高崎市引間町712-2

電話 027-372-6464 FAX 027-372-0303
あがつま事業所
〒377-0425

群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条126
電話 0279-75-5454 FAX 0279-75-6054